スコティッシュフォールドの猫図鑑

スコティッシュフォールドの歴史

現在、世界中で広く飼われているスコティッシュフォールドの歴史は、1頭の白い猫にさかのぼります。
それは、イギリス・スコットランド地域の農村にいた折れ耳のメス猫で、1961年に羊飼いウィリアム・ロスが発見しました。ロスは、猫の住んでいた納屋の持ち主に猫を譲り受け、スージーと名付けて飼育を始めまして。
しっかりした体格で真っ白な被毛、人懐こく賢く愛らしい気質で、不思議な形の折れ耳をしたスージーは、ロスの手により交配され子猫を生みました。その中に、スージー同様の折れ耳の子猫がいたことから、ロスは折れ耳猫の繁殖を始めることにしました。
1966年、ロスはGCCF(イギリスの猫種血統登録団体)に登録し、スージーの産んだ白いメス猫を土台に、折れ耳猫の品種確立を目指して本格的に繁殖を始めました。そして、遺伝学の研究者であるパット・ターナーの助力を得て、繁殖を進めていました。
GCCFは当初、スコティッシュフォールドの品種確立に協力的でしたが、骨格と聴力の異常が続発したことから、1971年には一度、この猫種の登録と繁殖を中止する決定を下しました。
イギリスで繁殖を中止することになったスコティッシュフォールドは、アメリカへ輸出されて繁殖を続けられることになりました。スコティッシュフォールドの遺伝疾患と品種確立の研究はアメリカでも続けられ、1970年代後半までに、交配の際にブリティッシュショートヘアもしくはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。
そして1977年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)、猫種として登録が認められることになりました。
歴史が浅く、遺伝性疾患のおこりやすいスコティッシュフォールドは、現在でも各国の猫登録団体でブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの交配が認められているケースが多くあります。

スコティッシュフォールドの特徴

スコティッシュフォールドはがっしりした体格で、長毛と短毛の二種類があります。
丸い目と丸い顔に折れ曲がった耳が印象的な中型のセミコビータイプです。
オスの体重は4kg~6kg、メスは2.7kg~4kg程度とされています。
その名の通り、折れ(fold)耳が特徴ですが、スコティッシュフォールドは生まれた時はどの子猫もまっすぐな耳です。生後3週間から1か月程度で耳が折れ始めますが、遺伝的に折れ耳になるのは全体の3割強くらいです。
現在の研究でこの耳は偶然できた突然変異であるとされています。
折れ耳タイプの頭の形から「ふくろう」「テディベア」「帽子をかぶっている」など、ユニークな別名がつけられています。折れ耳にならなかった立ち耳タイプのスコティッシュフォールドでは、一般の猫より小さい、三角形の耳を持ちます。

スコティッシュフォールドは、腰を抜かしたような独特の座り方をすることがあります。スコ座りとも呼ばれる姿勢ですが、腰や股関節の形成不全のためこのような座り方ができるとされ、一般の猫がするような両手両足をたたんだ香箱座りを苦手とするスコティッシュフォールドも多くいるようです。

スコティッシュフォールドの性格

スコティッシュフォールドは家庭的な性格で、子供や同居動物との相性も良く、環境の変化にもあまり動じません。
賢く、好奇心が強く、遊び好きで、家族とともにいることを好みます。
またスコティッシュフォールドは、鳴き声が小さいことも知られています。

スコティッシュフォールドの飼い方

長毛タイプのスコティッシュフォールドは、週に2~3回以上のブラッシングをしてあげないと、毛が絡まって毛玉になりやすく、また毛球症をおこしやすくなります。
短毛タイプは定期的なブラッシングやコーミングを行いましょう。
また、折れ耳タイプでは耳掃除をていねいに、折れ曲がっている部分にも行いましょう。

スコティッシュフォールドの毛色

スコティッシュフォールドは短毛、長毛ともに非常に多くの毛色とパターンがあります。
単色では白、黒、レッド、クリーム、ブルー、及びこれらのシェイデッドやタビー、またこれらの毛色とホワイトの組み合わせなどがあります。

スコティッシュフォールドの気を付けたい病気

たった1頭の猫スージーを祖先とするスコティッシュフォールドは、純血種として品種の歴史が浅く、近親交配が多くなされてきた歴史から、遺伝性疾患が多く出ることが知られています。
スコティッシュフォールドで非常によく報告されているのは「骨瘤(こつりゅう)」と呼ばれる軟骨のこぶで、病名としては遺伝性骨軟骨異形成症と言います。この病気は、手足やしっぽの関節部の軟骨が瘤状に大きくなり、痛みと歩行困難を伴います。折れ耳タイプの猫に多く、禁忌とされている両親とも折れ耳で交配された子猫の場合は発生する確率が非常に高くなります。
他にも関節に異常がおきやすく、後ろ足やしっぽが変形することがあります。

ほかに、内臓疾患も起きやすいとされており、心肥大や腎臓障害などが知られています。特に多発性嚢胞腎と呼ばれる腎臓疾患では、発症すると治療の方法がないとされています。
遺伝性疾患では5~6歳までに発症するものが多くあるため、日頃からよく観察し、発症した場合はなるべく早く動物病院を受診して、進行を遅らせる、痛みを取り除くなど生活の質を落とさないようにしてあげたいものです。

< スコティッシュフォールドのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

健康保証サービスのご案内 FIP生体保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
740人が「いいね!」と言っています。
中村 美保子
Ayumi Ishikami
半谷京子 minkwin
スズキ 雪子
関岡 達郎
Katsuhisa Ogawa
上木 則安
関口 明美
スコティッシュフォールドの子猫お探しコーナー CFA・TICA登録のスコティッシュフォールドのおすすめキャッテリー特集

毛色から子猫を探す

性別から子猫を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの猫図鑑

スコティッシュフォールドの名前ランキング

  • 男の子
    1位ココ
    2位レオン
    3位おもち
  • 女の子
    1位もも
    2位きなこ
    3位はな
>> 名前ランキングをもっと見る